探偵,値段


探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないよ

探偵に浮気調査を依頼して、相手が言い逃れできないような証拠を得ても離婚の必要性については考えるべきでしょう。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。
それは男性の場合であっても同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用は安くなりますよね。そうはいっても、浮気をしているときがわかっていたとしても、友人を説得して写真を撮るようにすると、多くが失敗するに違いありません。

ひそかに証拠を握りたいときには探偵を雇うのが賢明でしょう。自分で浮気調査はすべきではありません。
その理由は冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。
 普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。


貴方自身のためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。



興信所と探偵事務所の違うところですが、格別違うところが無いと言っても良いでしょう。


双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな違いのない仕事です。

とはいっても、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。実際、もう離婚になってもいい、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし、単独で行くのは、大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、カッとなって騒ぎを起こす心配がなくなります。



心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するようにしてください。相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にしてはいけません。探偵が使うという追跡グッズとは 自分自身で買えるのかと言われたら購入できます。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いることが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で買えます。
車両に載せるタイプのGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。


飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、浮気相手と宿泊したと見られることがあるのです。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は少なくなってしまいます。

さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。
調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、2人で調査することが多いようです。

ただ、浮気がまだ推測の段階であるケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で大体の場合は行います。浮気が明るみに出てきたのなら、もう一度計画を練り直して調査員の数などの詳細を決めていきます。

結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦

結婚している相方が、浮気しているときでも夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはしないほうがいいでしょう。

浮気が発覚したことで妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、夫婦関係が修復不可能になることもあります。
また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

相手に気づかれないで誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠として扱われません。浮気を探偵に調査してもらうなら、超小型の機材を使い覚られないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。



信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。



間違えないでいただきたいのは、依頼を検討している探偵事務所のHPにアップされている口コミではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに書かれているような口コミをチェックするといいでしょう。その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、信頼できる情報なのは間違いありません。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。浮気調査に対して探偵に払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。


実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるでしょう。時間給は、人数×時間で計算した費用です。短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。



探偵が浮気調査に精通しているといっても、成功しないことが少なからずあります。



パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。



また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。
浮気を調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の料金設定がなされていないような探偵社が安心安全です。
そして、業者として届け出をしっかり行っているのかお調べください。違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。


浮気現場の日時がわかっていると、調査期間は短くなりますので、調査代金はその分安くなるのです。

しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、見知っている人にお願いして証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、多くが失敗するに違いありません。勘づかれないように写真を撮りたいときはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう危険性があるのです。
どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと逆上してしまったという例が多数確認されています。平穏に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、格別違うところが無いと言ってもいいかもしれません。


興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、仕事内容は類似しています。でも、どちらかを選ぶとしたら傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。

浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務

浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に依頼したら損しないかと言うとそうとも言えないケースもままあります。

普通、成功報酬と言えば不成功な結果となった場合、料金の支払いをしなくてよいのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。
だから、成功報酬というシステムの探偵事務所のみを、求めているような人がいます。


せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、パートナーに気づかれてしまって、証拠集めがやりにくくなり、失敗に終わる場合もあります。
いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

失敗した場合の代金についても、調査する前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。



浮気の事実関係を委託調査する際には、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、細やかな料金設定がされており、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。

法に反して調査を実施している業者には委託しない方がよいでしょう。
信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、利用者による口コミを調べると安心です。間違えないでいただきたいのは、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに記載されているような口コミではなくて、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトに書かれているような口コミを確認してください。

該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、ずっと信頼性が高いと言えるでしょう。

探偵の一部はアルバイトの事例がございます。



探偵のアルバイトを探してみると、募集がかかっていることを知るでしょう。

このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もたくさんあるわけです。浮気について調べるように言うときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。


探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので変に思われず相手を見張り続けるというのはとても技術がいるでしょう。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。
相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むので、調査費用は安くなりますよね。

だからといって、浮気の日時を気づいている場合でも、顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、無駄足になることが多いでしょう。勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵を雇うのが賢明でしょう。
探偵が浮気調査を行う時でも失敗したりするようです。探偵が浮気をはじめとした調査の達人だといっても、思わぬミスをすることが全くないことは全くありません。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。



貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する場合には、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。


しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を映像に残して貰えますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を貴方の手に届けて貰えるでしょう。

浮気調査は自分ではしない方がいい理由があります。それは逆上してしまうおそれがあります。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと刃傷沙汰に発展してしまう場合が発生することも多いのです。


平穏に解決するためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。




ページの先頭へ